CUBESは寝屋川・枚方・神戸を中心にホームページ制作・ウェブデザイナーとして活動しています。

 ホーム >   ブログ >  ガジェット > おすすめガジェット編:キーボードは仕事の効率に影響します。
2021年09月06日

おすすめガジェット編:キーボードは仕事の効率に影響します。

ゲーミングキーボード

少し前まで使っていたキーボードは”ゲーミングキーボード”

なんでこのゲーミングキーボードを選んだかと言うとズバリ!安かったから!

仕事中にキーボードが潰れて、急いで購入したのがこのゲーミングキーボード。

別にゲーミングキーボードが欲しかった訳じゃないんですよ。

ピカピカ光るのは好きじゃないんだけど、真っ暗な仕事部屋に入ったときにキーボードを触れば光ってくれるのは、ちょっとしたライト代わりになって便利なんで、マウスもピカピカ光るものにw

今まではキーボード・マウスはLogicoolの10,000~20,000円程度のを買い替えて使ってきていたのですが、Logicool独自の無線規格は混線したり、うまく反応しなかったりトラブルが多い~

それで、無線は辞めて有線接続できるキーボードをアマゾンで探していたら評価が良く安いって事で、このゲーミングキーボード買ったんですよ。キー入力のフィーリングにも不満はないし「こりゃコスパ最高だな!」って思っていたのですが・・・

大きな欠点が!それはキーピッチの狭さ。

このキーボードはキーピッチ19mmだと思っていたら、違った19mmじゃなかった(アマゾン商品情報にもキーピッチ載せてよ!)

いままではキーピッチ19mmを使い続けてきていたので、キーピッチの違いは致命傷なんですよ。

どういうことかと言うと、キーの場所は指が覚えているので勝手に指が動くのですが・・・指が動いた先に求めているキーがない!

例えば「おめでとうございます」と入力した場合「pめでtぴgpざいます。」ってなります。

指がOだと思って押したところにPが有るんんですよ。

キーピッチが違うから慣れるしか無いかと思って半年使ってきたけど、やっぱりダメだ!CSSやHTMLを書いているときに誤入力を連発してしまう。

もう、誤入力ストレスには耐えられない!

早くキーボードを代えないと仕事に支障ですぎ。早速、自分が求めるキーボード探し!

そりゃ、東プレのREALFORCEやPFU研究所のHappy Hacking Keyboardを買えば良いんだろうけど、さすがにキーボードに三万円は出せないな~


created by Rinker
HHKB
¥28,500 (2021/09/18 04:23:24時点 Amazon調べ-詳細)

求めるキーボードは

  1. テンキー付き(cssやフォトショップなど数値入力が多いので)
  2. 日本語配列
  3. ひらがな表記は不要(シンプルでスッキリが好き)
  4. キーは黒!(汚れが目立たないため)
  5. メカニカルキーボード(メンブレンはキー入力した時の感触が好きじゃないので)
  6. できれば有線(信頼の有線。無線は電波切れ、遅延、電池切れなどが面倒なので)
  7. できればバックライトで文字が光る。(写真を現像するときは部屋の照明を消してするのでキーボードの文字が光ってくれると便利なんですよ。)
  8. メーカーは問わない

本当は自作キーボードに挑戦したいんだけど

今は仕事が忙しいので既製品で行くことにしました。
そのうち自作キーボードに挑戦したい。キーボード沼も深そうで怖いけどw

で、新しいキーボード候補は!

なんだかんだ言って結局はコスパの良いLogicool一択です。

Logicoolさんマイクロソフト社が出していたエルゴノミックキーボードをリリースする予定ないですか?出してほしいな。

Logicool G610BL

求めている機能が全部有る!第一候補!

Logicool K840

バックライトはないけど、求めている機能が殆ど有る!ただキートップの文字が消えていくって口コミを見かけるのが気になる。しかもキートップの文字がシールっぽいし。シルク印刷じゃないんだ・・・

Logicool K740

メカニカルキーボードじゃないのが残念んだけど、良いキーボード!

Logicool G512シリーズ

一番上のG610BLと同じくベストなキーボード!

Logicool G613

欲しい機能が少ないけど、スマホとPCなど2端末で使える、マクロが組めるは良いぞ!

で、結局どのキーボードを選んだの?

どれも1万円ぐらいのキーボードなので悩みました。

  • K840はキートップの印刷が安物っぽいので却下
  • K740はメカニカルキーボードじゃ無いので却下
  • G610BL、G512シリーズは、僕が求めている機能が全て有って非常に良いキーボードなのですが、今回は見送り。

結局選んだのはダークホースのG613です。

G613

選んだ理由1

なぜ、G613を選んだかと言うと、メインPC以外に「iPhoneやMac、Android、サブPC」にも接続可能。

キーボードのスイッチをポチッと押すだけでメインPCからiPhoneやAndroidに切り替えて使えるんですよ。

※メカニカルキーボードで複数の端末を操作できるキーボードは無いと思っていたので「欲しい機能」には載てませんでした。

G613

なぜ、この機能が欲しかったかと言うと、現在はホームページ閲覧の大半がスマートフォンです。

PCでホームページ作ってスマホで動作・レイアウト確認をするのですが、確認のたびにスマホを操作するのが面倒で・・・

ホームページ制作段階はスマホエミュレーター使って動作確認するのですが、最後は実機で確認しています。その確認時にスマートフォンへのキー入力や画面スクロールがG613で操作できるのは大きいんですよ。

G613

選んだ理由2

キーボード左側のGボタン6つにマクロやショートカットが組み込みができます。

■ショートカット割当

G613

■マクロを作ってキーに振り当て

G613

マクロはアプリやゲーム毎に作れるようです。これは動画編集などにも役立ちそう!

ただ、Gボタン6つにの配置に慣れるまでは半角ボタンやTABと間違ってGボタンをタイピングしてしまうことも。

選んだ理由3

キートップ印刷がハゲそうにない。日本語表記が無いのも気に入りました。

G613

安いキーボードはキートップの文字がシールっぽいんですよ。(下の写真が安っぽいキーボードです。)

安いキーボード
安いキーボード

結果。購入して大満足!

G613を使ってかなりの時間が経ちますが、キーボードに少しテカリが出だしています。ただキートップの文字印刷がハゲることもなく作業効率がとても良いです。

購入してから気がついたのですが、物理キーでキーボードのON/OFFが出来ます。

G613

コレが地味に便利!

仕事中にキーボードの汚れが気になってキーボード掃除する事があるんですけど、電源ボタンをOFFにすればキーボードクリーナーをキーボードに押し当ててもPCにキー入力されない!コレがホント便利!

一番買う予定じゃなかったG613ですが結果大満足です。

この記事を書いた人

寝屋川のホームページ制作会社CUBES(キューブス)代表コバヤシ ヒデキ

コバヤシ ヒデキ

Design Creates CUBES(デザイン クリエイツ キューブス)代表のコバヤシです。

中小企業・クリニック・動物病院・展示会系ホームページ制作・運営サポートを得意としております。お客様や会社・お店のイメージをユーザビリティーを第一に考慮したデザインで、清潔感や信頼感、暖かみのあるホームページ作りを得意としています。

特に病院・クリニック・動物物病院さまホームページは、大変満足いただいております。

 ホーム >   ブログ >  ガジェット > おすすめガジェット編:キーボードは仕事の効率に影響します。