ホーム >  Blog > MacBookProをSSDに改造。
2012年05月29日

MacBookProをSSDに改造。

こんにちは。WEBクリエイター CUBES です。

数カ月前に購入した「まな板」

MacBookPro(MACノート)ですが、
保証の効かない体になりました。

数日前に、Amazonから届いたOpeセット。

この機材でナニを始めるのかというと、MacBookProの改造です。

どんな改造かというと、この3つ

 MacBookProを早くしたい!     
 MacBookProにDVDドライブ要らない!
 MacBookProの容量アップ      

では、早速MacBookProを裏返して、ネジ回して、中身バラバラにして、
1時間後にはOpeもほぼ終わり、こんな感じ!
こんな改造したので、当然保証が切れるわけだww

で、目的だった

 MacBookProを早くしたい!

はい、HDDを取り出してSSDに交換しました。
省電力で激速になったはず!!

 MacBookProにDVDドライブ要らない!

MacはOS・アプリはネットで購入して、ダウンロードが基本です。
仕事で受け渡しする大きなデータもCD-R・DVD-Rでもらうこともなくなり、
ほとんどUSBメモリかネット経由なので、
DVDドライブなんてレガシーな物は取っ払ってやりました。

 MacBookProの容量アップ

DVDドライブ取ったらスペースができるので、そこにHDDを移植。
SSDは、まだまだ高いので256GBを購入しました。
256GBでは心もとないので、書類ファイル・画像ファイルの保存先に
500GB-HDDを移植して使えるようにしました。
これで、256+500=756GB!

あとは、ネジ締めてSSDにOSインストールしておしまい。

OS素の状態で電源ボタンをポチッと押したら、
Macが使えるようになるのに10数秒!!

うひょ~激速です!!

終了も3秒以内!

MacBookAirユーザーは、こんなに心地良い環境だったんだ!!
今までは電源切らずにスリープ運用だったけど、この速度なら電源OFFでも問題なし!

このあと、Time MachineでバックアップしていたOSを移植し直したところ、
電源ボタンポチッとしてから使えるようになるのに20秒ほど、
電源OFFは相変わらず3秒以内です。

そうそう、僕はMacの中でWindows7を動かしているのですが、
このWindows7も撃速になりました!

起動・処理速度が僕が使っているリアルWindowsマシンより速いですww

page-top