ホーム >  Blog > 始まりはキーボード。
2011年09月27日

始まりはキーボード。

こんにちは。WEBクリエイター CUBES です。

今回はパソコンパーツの話なので、全然面白くないです。
興味のある方だけどうぞ。ストレスでホントひねりもなく面白くありませんので。

先週中旬にサブPCのキーボードが死亡。(そのご蘇生したけど。)
キーボードが潰れては仕事に支障があるので、我が家のデジタル倉庫Amazonへ注文。
ただ、人気商品なのか注文後に「在庫切れですメール」が。

Amazonたまにあるんだよな~注文したら「在庫切れ」って、
反対に納期2週間ほど先って商品が意外に早く届いたり。

ま~。ストックの有線キーボードがあるので、取り敢えずそのキーボードを使っていたら
先週末にAmazonからキーボードが到着。遅れるって言った割に以外に早かったな~。

Amazon

しかし、Amazon。相変わらず箱がデカイぜ!
部屋の隅がAmazonダンボールジャングルになりつつあるよ。

じゃじゃーん。キーボードは「ロジクールのK270」

キーボード

なんで、このキーボードを選んだかというと!

ワイヤレスなのに安い!

タダそれだけです。

お値段は1,754円です。

では、早速サブPCにキーボード取り付けますかってサブPCの電源入れるとWindowsがおかしな事に。
どうやら、Windowsくんがオカシクなったようです。反抗期?積木くずし?
ナカナカ言うことを聞いてくれません。

進行中の仕事データだけバックアップを取りたいけど、電源を切ると二度と起動しない予感がしたので、電源を入れたままにして車で20分の距離にあるパソコンパーツ屋さんへ ヒロミ・ゴー

レッツラゴー。

取り急ぎ、パソコンパーツ屋さんで、こんなモノを購入してきたのだ!
早速箱を開けて、中身を出して・・・・。

データレスキューセット

じゃじゃ~ん。なんだ?この黒いの?訳わからんでしょ。

データレスキューセット

そして、得体のしれないコンニャクのような形をした金属。

HDD2TB

実は、このコンニャクのような形をした金属がHDDです。

パソコンのデータを保存する部品です。通常はケースに入っているのですが、

パソコンパーツ屋さんでは、ハダカで売られています。通称「生ディスク」です。

で、この生ディスクをどうするのかというと!!

合体!!

HDD合体!

さっきの黒い台座に差し込んで使うのです。トースターみたいでしょ。

わざわざパソコンのケース開けるの面倒&サブPCは電源入れたままなので、この黒い台座に生ディスクを差し込んでUSB接続の外付けHDDとして使います。

そうそう、トースターみたいなので、調子にのって!!

HDD合体!

ガチョ~ン

(by.谷啓)

トースターみたいに二台刺して見ました。
別にデーターコピーが終わってもトースターみたいにハードディスクが飛び出すことはありませんので。

あとは、この生ディスクと黒台座でサブPCからデータのバックアップをとって、
Windowsを再インストールして、

気分スッキリ!爽快!

さ~。仕事しよかと思ったやさき、昨夜はワイヤレスLANがご臨終。

はぁ~。ストレスたまる。全然仕事ができない。進まない。
こんな時は、何をしてもダメなので寝ます。気持ち切り替えます!

そして今朝。10時に近所の電気屋さんへ行ってきたけど欲しいワイヤレスLANがなかったので、
その場しのぎの安いワイヤレスLANを買って来ました。

近々、スペックの高いものに入れかます。

ワイヤレスLAN

なんとかネットに接続できて、溜まったメールや急ぎのホームページ更新作業を終わらせました。

はぁ~。ストレスのたまる1週間だったな~。

潰れるなら一気に潰れてくれよ。毎日一個ずつって・・・・。ストレスたまるよ。

今日は、ストレスから仕事モードに切り替えるためにも、

脳ミソへ糖分をまわさなくちゃってことで、

たい焼き~。薄皮パリパリ焼きだよ~。

たい焼き

page-top