ホーム >  Blog > ランチは「そば飯」
2011年11月10日

ランチは「そば飯」

こんにちは。WEBクリエイター CUBES です。

今日のランチは「そば飯」
「そば飯」って知らない方のほうが多いかな?

そばめしは、焼きそばとご飯を鉄板で炒めたソース味の焼飯。神戸市長田区のB級グルメとして親しまれている。北海道深川市の深川そばめしとは別物である。
そばめし発祥の経緯としては、お好み焼き店で昼食を取っていた工員が、そば焼き(神戸の方言で焼きそばの意)を焼いていたのに目を付け、「弁当の(冷や)ご飯を、そばと一緒に炒めて」と頼んだ事で出来たメニューと言われている。
現在でも神戸のお好み焼き屋では、自宅の残りご飯を持っていき、そばと一緒にそばめしとして炒めてくれる店もある。

Wikipediaより

簡単にいえば短い焼きそばとご飯を一緒に炒めたもので、こんな感じ。

そば飯

僕が作る「そば飯」はメチャクチャ簡単です。

まずは、焼きソバと同じ材料。
※そば飯なので麺・米に馴染むように細かめにカットしています。

日清焼そば

そば飯のポイントは細かな麺です。

だから、日清焼そばを。

日清焼そば

袋のまま握りつぶす!

親のカタキ~

と叫びながら握りつぶします!(両親は健在です)

日清焼そばを砕く

そうすると、日清焼そばがベビースターのように細かな麺とは言えない状態になります。

日清焼そばを砕く

あとは、220ccのお湯で麺を湯がいて

日清焼そば茹でる

水分がなくなる手前で粉末ソース・オタフクソース・冷ご飯・事前に炒めた野菜を投入!

水分がなくる手前でライス投入。

ご飯がバラけてきたら、フライパンの縁に醤油を少し垂らして醤油の焦げた匂いをプラス。

あとはお好みでマヨネーズと七味をかけて出来上がり~!
※ちなみに僕がかけているのは七味ではなく八味だったりします(笑)

page-top