ホーム >  Blog > ブランディングに弱い日本企業の続き
2010年10月28日

ブランディングに弱い日本企業の続き

こんにちは。WEBデザイナーの CUBES です。

昨日書いたブランディングに弱い日本企業の続きです。
昨日はApple(iTunes/iPod/iPhone)のブランディング成功方法を書きましたが
当然成功には過去の失敗があるからです。
詳しくは書きませんが、ピピンアットマークやNewton、会社売却の機器、Mac互換機(全てジョブズが噛んでいない事も原因?)と、過去に失敗の連続だっただけにジョブズがCEOに戻ってから、
AppleをPCメーカーからブランドへ切り替えたブランディングがすごい

です。
※Appleは2007年からコンピューター会社でなくなっています。

では、日本メーカーがブランディングに弱い理由ですが、
今回はスマートフォン繋がりで携帯キャリアで説明させていただきます。

まずauですが、数ヶ月前までネットでは書かれているauイメージ(ブランド)は
「スマートフォンに乗り遅れた会社」
「ガラパゴスの中のガラパゴス」
「社長に先を見る目がない」
「企業病に掛かった末期」

と散々たるブランドイメージです。
なぜ、このようなマイナスイメージになってしまったかというと、

1 ユーザーが求めている物を拒否。(この場合スマートフォン)


2 ユーザー殺し(長期契約者へメリットが少ない)


3 遅い決定・アナウンス(出す出すと言いながら中々出さないスマートフォン)

一度、ユーザーを裏切ってしまうと
イメージ・ブランドの回復は大変です。
仕事をされている方も、自分ブランドを見直し

てみてください。

auはこの散々たるブランドイメージを払拭するために、
「Android au」「au Skype」

をキャッチに新機種を発表しました。
果たして、このキャッチ・企画が吉と出るか凶と出るか。

僕は凶になると思っています。
ナゼか?それはブランディングが下手くそだから。(言葉悪くてすみません)

まず「Android au」

ですが、キャッチのインパクトは有りますが、
Androidは既にdocomo・SBから発売されています。
auはスマートフォンに乗り遅れた感を払拭したいためにAndroidキーワードを使ったのでしょうが、スマートフォン使いたいユーザーは既にauを離れdocomo・SBへ2年縛りでスマートフォンを使っているでしょう。
2年縛りのため、そう簡単にauへ戻ってこないでしょう。
では、スマートフォンを使っていないauユーザーへアピールならAndroidでは判りにくいです。
スマートフォン=iPhoneと思っている方にはAndroidより、聞き慣れたGoogleを使った、「Google×au」

の方が関心を持たれると思います。

それに今年の春にはWindows携帯出したばかりなのに・・・・。
Windows携帯買ったユーザーを簡単に切り捨て過ぎです。
来年にはWindows7携帯が出てくると思いますが、そのときにはauは スマートフォン au

にキャッチコピー変える気なのかな?
コロコロ企業キャッチ・テーマを変えてしまってはブランドも何も有りません。

ブランドを作るには芯となる理念や方針が必要です。

半年先も読めていない戦略だとしたら、まったくブランディングとして成り立っていない。
これじゃ~、2007年のDoCoMo2.0キャッチと同じ。
「Web2.0」キーワードに載っかって作ったキーワードは反感を買って
「DoCoMo2.0」が「どこもにいてんぜろ」と読めることから「ドコモに移転ゼロ」、「ドコモにいい点ゼロ」と揶揄される体たらくで、直ぐにDoCoMo2.0キャッチは無かったことに。
それ以外でも、docomo、ソニーはWeb戦略が下手くそで、至る所で炎上してしまう。

日本企業は大きくなると商売の基本「誰に何をどのように」を忘れてしまっている。
消費者を誘導する提案ではなく、消費者と温度差の激しいサービスや商品。
これではブランドイメージ構築どころか、ヒット商品が生まれません。

Appleのように、10年かけて市場を作り、
パソコンを使ったことのない人にもAppleブランド認知させた事が
まさにブランディングです。

page-top