ホーム >  Blog > スティーブ・ジョブズ I が今日発売か。
2011年10月25日

スティーブ・ジョブズ I が今日発売か。

こんにちは。WEBクリエイター CUBES です。

スティーブ・ジョブズ I が今日発売ですね、
まだ書籍で買うか、電子書籍で買うか答えが出ていません。
気持ちとしては、書籍で購入して本棚においておきたい。
でも、iPadもってるんだから、ジョブズ本だけに電子書籍で・・・・って気持ちも。
本人公認伝記だから、どちらかは必ず買うけどね。もしかしたら両方?

僕が初めてMacintoshに触れたのが18歳の時だけら23年前か。

その時にはジョブズはAppleコンピュータ社から追放?(辞めざるえない)されていたけど、
Apple信者の中では伝説の人だったな~。

「スティーブ・ジョブズ」で書かれているのかしら無いけど
個人的には「LisaとMacintosh」「NeXT」「ピクサー」に興味が。

失敗も多いけど、それ以上に成功が多い戦略や思考を少しでも感じ取りたいな。

ただ、亡くなったばかりのこの時期に購入するのは気が引ける。
なんだかTVでも煽って祭りに近い雰囲気を感じてしまいます。
それと、講談社の商売にも。アメリカに比べて電子書籍の価格が4倍。
物質的に厚みが変わるわけでもないのに電子書籍もⅠⅡに分けての販売。
表紙にも、電車の車内吊りのようにベタベタと文字が・・・。汚らしい。
ビジネス書と伝記の区別もつかない出版担当者ってどうなの?と考えてしまう。
※外国の書籍と表紙を比べたサイトはこちら。 

製品のディティールに人一倍コダワリの強かったジョブズ公認伝記なのに。
雑誌じゃないんだから書籍上部に文字入れずぎ。2重表紙にしてくれ~。
※じゃ~英語版買えよって話なんですけどね。英文が読めない自分が一番愚かなんだな。

と愚痴っても仕方ないので、今はこの電子書籍で。
※伝記じゃない・本人も関わっていないビジネス書だから車内吊りのような表紙は問題なし。

神の交渉力

あ~。スティーブ・ジョブズ初版本欲しかったけど、やはり表紙はいただけない。
増刷分では表紙がシンプルになっていることを願うばかり。
やっぱり、仕事はWinマシンオンリーになったけど、心は信者なんだなと改めて分かったよ。

page-top